ADMIN : RSS

=不定期日記=

 人生、山あり谷あり。
[ スポンサーサイト ]
-------- (--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MESSAGE(-)  

[ 血に弱い方は読まない方がいいです。 ]
2006-03-31 (金) 13:10:11
一昨日の話で恐縮ですが。
罪もないフルーツを血で染めてしまいました☆(激爽)

包丁で左中指の先っちょを…ね、そりゃあもう気持ちよくサクッ♪とね。
夕食後にあーこれから原稿やらねばーと思いつつ、でもちとデザートなんか食べてからでもいいかキャハ!とか脳内完結し嬉々としてオレンジなんぞを切ってましたら、……見事にその時に。ハイ。神様はしっかり見てるんですね。
何ていうんでしょう、切れる感覚っていうか刃が指に入る瞬間がよく判りました。
うわーやっちゃった~~って感じです。包丁で指切るなんて何年ぶりやら。
実は小学生の頃にも包丁で指を切ってしまいまして、まぁその時は三針縫う怪我だったんでそれに比べれば屁のような小さい傷なんですが、アレも確かフルーツを切ってる最中ったよーな… えーっと、リンゴ?だったっけ?
しかもその時もやはり夕食後。そして何故か無性にリンゴが食べたくなって自分で台所でリンゴの皮を剥いてまして。その際勢い余って豪快に指まで切ってしまい、とりあえずリビングで呑気にテレビ番組に爆笑していた母に「ねー、切っちゃったー」と声をかけたら大絶叫されたのを覚えてます。

ちなみに今回の傷の位置は、その成長の勲章(というほどに料理の腕は成長してない)とも云うべき古傷からわずか5ミリ下というサプライズ! OH!
まー、でも何でしょう、リンゴといいオレンジといい、よっぽどフルーツは私の血を欲しているらしいですね。でも欲してんのは蚊だけで十分だから! やめてよ! 美味くないから!
その上、母からは妙に迫力のある顔つきで「アンタ‥その指またきっといつか何かあるよ? 気をつけた方がいいって。ホラよく云うでしょ? 二度あることは三d‥(略」と脅かされ、夜な夜な左中指の先っちょを切り落とす夢見の悪さにすっかり寝不足です。つか寝不足の原因は原稿だけで十分ですよ、おいちゃんは… とほほ。
まだ押えると痛みは残りますが、とりあえず利き手(右手)じゃなくて良かったな!!と…(右手だったら確実に5月の大阪はコルダ本落としてる)
皆さんも刃物の扱いには十分気をつけ魔将☆


えー、初っ端から血生臭い話題で本当にすみません…
どうかこの画像で大いに春うららかな心を和ませて下さいませ。

さーくら~~、さーくら~~♪

行きつけの鍼灸院の近くに咲いてた一輪の桜。
これは相方が「(原稿で)花見に行けないーーうわーーん」と嘆いてらっしゃったんで、「コレを共に愛でて、そして共に泣こうでわないか!!」と同情と歪んだ愛をふんだんに盛り込んだメールと共に送りつけたら、意外に大変喜ばれた画像でございます。
そういや去年はスクリーンセーバーの桜吹雪で終わり、今年は大急ぎで撮った写真一枚で終わり… つくづく花見に縁がないなぁ~ 桜好きなのになぁ~
来年こそは!と祈ります。(…と毎年云ってます)
スポンサーサイト

MESSAGE [0]   

WEB拍手のお返事HOME何か。

  MESSAGE

  MESSAGE POST







 
 管理者にだけ表示を許可する

TOP
過去ログ 
2009.07  2009.05  2009.04  2009.03  2009.02  2009.01  2008.12  2008.11  2008.10  2008.09  2008.08  2008.06  2008.05  2008.04  2008.03  2008.02  2008.01  2007.12  2007.11  2007.10  2007.09  2007.08  2007.07  2007.06  2007.05  2007.04  2007.03  2007.02  2007.01  2006.12  2006.11  2006.10  2006.09  2006.08  2006.07  2006.06  2006.05  2006.04  2006.03  2006.02  2006.01  2005.12  2005.11  2005.10  2005.09  2005.08  2005.07  2005.06  2005.05  2005.04  2004.07  2004.06  
Copyright © 2017 =不定期日記=, All rights reserved.
  
Photo + Template by odaikomachi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。